出展報告【産業交流展2018】

産業交流展2018に今年も5年連続で参加いたしました。皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに終了する事が出来ましたことを心よりお礼申し上げます。

今回は過去4年間に中小企業向けものづくり助成金を受けた会社向けの『特別出展枠』で出展しました。通常では1コマ7.5万円かかるところ、無料での出展ができました。初めての試みでしたが、無料ながら東4ホールの奥で導線も良く、有り難い機会でした。

今回のメイン展示はアルミフルートパネルを用いたベンチ/自在変形SHLFにて、いらっしゃったお客様の大半に興味を持って頂きました。この材料は波状のアルミ板を1枚あるいは2枚のアルミ板で接着して製造されます。軽量で高い剛性のあるアルミパネルながら、「折り曲げ」「各種化粧板仕上げ」「防音加工」「簡易施工」など様々なソリューションが可能な材料です。弊社ブースにいらっしゃった方も、この記事でアルミフルートパネルに興味を持って頂いた方も、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

いまメディア大注目の落合陽一さんの講演。立ち見客であふれておりました

今年の弊社ブースの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です