ホーム

ニュース

改善提案活動キックオフ

今期は短期方針の一つとして、全社員を巻き込んだ改善提案活動を実施します。

ついては7月1日15時~ 本社食堂でキックオフ大会を開催しました。

今一度3Sへ原点回帰し、また3Sから派生する「安全」「品質」「環境」「コスト」の課題にアプロ―チしていきます。

これまでは社員同士のチームを組んでQC活動に取り組んでいたのですが、

各々に自分なりの改善について考える力を養ってもらいたい、という想いで立ち上げました。

 

ベトナム人にも伝わるようにベトナム語翻訳した説明資料も用意した上で、キックオフ当日には通訳さんにも来て頂きました。

ちなみに写真のバッジは今回の活動のために作った、

Shiroyama Kaizen Teian 2020の頭文字をとった SKT20 と銘打ったバッジです^^

 

白山工業は経営理念の実現のために、これからさらに力を入れて改善活動へ取り組んで参ります。

2020年7月2日

TQM掲示板

本社工場内にTQM掲示板を設置しました!

使用しなくなったホワイトボードに、柱とキャスターを組付けた自作掲示板です。

これからも白山工業の活動を社内外へアナウンスしていきます◎

2020年6月15日

出展報告【産業交流展2019】

産業交流展2019に今年も6年連続で参加いたしました。皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに終了する事が出来ましたことを心よりお礼申し上げます。

今回は昨年の特別出展枠でなく、一般参加枠で出展しました。

今回のメイン展示は

①切削部品

7月に導入したロボドリルを活用してレゴブロックや自動車部品を製作しました。CADCAMの社員教育も絡めつつの試作をしました。今年の産業交流展では他ブースでも切削品が多く、マシニングの導入が手軽になってきたことや世の中の需要が高まっていることを実感しました。

②内部ヒーター付きの温感簡易ベンチ

パイロバンド(発熱体)を内部に帯びた丸パイプを用いたベンチです。駅のホームやバス停に置かれるベンチをイメージして製作しました。柱の内部を通して電源をつなぎ40℃に設定して、心休まる暖かさを帯びたベンチができました。特に建築業界の方から注目を浴び「これ欲しい!」というコメントを多く頂きました。

③バランスドリクライニングシート

昨年展示したアルミフロートパネルを用いた豆型ベンチを深堀りし、より簡易的な折り曲げ加工で製作しました。表面は大理石調に仕上げたので、「高級感があるのに軽い」シートを実現しました。ただし高い剛性が備わる素材にて寝そべっても全く壊れる不安は感じません。

アルミフロートパネルは波状のアルミ板を1枚あるいは2枚のアルミ板で接着して製造されます。軽量で高い剛性のあるアルミパネルながら、「折り曲げ」「各種化粧板仕上げ」「防音加工」「簡易施工」など様々なソリューションが可能な材料です。弊社ブースにいらっしゃった方も、この記事で興味を持って頂いた方も、お気軽にお問い合わせ下さい。

2019年11月19日