複式ベルトコンベアカバー用テント

※特許出願中

 

お客様のもつ要望イメージから始まった本製品。

どのようなデザインや構造にするかの検討。イメージを少し具体化する初期作業です。

次は材料や強度検討です。実際にどういった材料・組み付け方にすれば、どれだけ強度をもたせることができるか、頭を悩ませました。

試作組付け確認。試作して動作に不備がないか、強度・施工上問題がないか確認。再調整→組付け→再調整の繰り返し。

完成形が見えてきた時点で基本図の作成と見積を提出。

最後に完成形の製作と納品。イチから始め、納品まで数か月かかりました。

アルミといえど大人4人がかりで運んでもとてつもなく重く、元々の鉄製だとどれだけ重く不便だったか身に染みました。

本現場は全開時15mになり、使用時外のベルトコンベアを覆うようなっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です