曲げポリカ付2段高欄

都内の河川沿いの現場に高欄を約100m近く納めました

住宅地横に施工する現場にて、目隠し用の内忍びポリカを上段に付けた仕様になりました

高強度柵としての機能を保ちつつ、近隣のプライバシーにも配慮した設計

2段手すりはコーナー部は溶接でつなげ、きれいに納まっております

柱を埋込できない現場だったため、鉄に溶融亜鉛メッキを施したプレートに柱をつなげ、地面にはアンカーどめで施工となりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です